シミ取り化粧品

シミ取りに成功したい!

当サイトはただいまリニューアル準備中です。

しみ抜きで美肌に

濃いシミも薄く!【PR】ビーグレン公式サイト


シミ取りの効果を謳った化粧品の成分
「ハイドロキノン」は濃くなったシミを薄くする成分で現在最も効果的といわれるものです。別名肌の漂白剤と言われ色素沈着したシミを薄くします。

しかし、シミをなくし美肌を手に入れるためには、ハイドロキノンだけでは不十分です。なぜなら、今あるシミに対処するだけなので、肌の奥でしみができる原因の除去にはなっていないからです。

しみやそばかすをなくすには、1、今あるシミをハイドロキノンでシミを薄くしつつ、2、新たなシミの生成をストップして、3、残りのシミの排出するため肌のターンオーバーを促す。この3つのステップが揃ってはじめてしみのない肌を手に入れることができるのです。

そしてこの3つのステップを実現する成分が肌に浸透されないと意味がありません。 シミ取り化粧水にしても、シミ取りクリームにしてもこのポイントは重要です。

ハイドロキノンの注意点
オークションなどでもハイドロキノンの粉末は簡単に手に入り、シミ取り化粧水を手作りされる方も多いと聞きます。

ハイドロキノンは強力なシミ取り効果が期待できる半面、扱いが難しいので充分な知識をもって扱う必要があります。

ハイドロキノンはそのままではほとんど肌に浸透しません。

ナノテクノロジーが使われていない肌に浸透しない状態のハイドロキノンはシミ取り化粧品として効果を期待するためには濃度を高めないといけませんが、肌がまだらに白くなる「白抜き」や「かぶれ」、紫外線と反応して「色素沈着」などのリスクも高まります。

アメリカでは濃度2%以上のものは医師の処方箋が必要で、一般的に5%以上の濃度で肌への副作用のリスクが高まると言われています。

それではハイドロキノンを安全にシミ取り化粧品として使いたい場合はどうすればいいのか?

答えは、安全な濃度で肌の奥まで浸透するタイプのシミ取り化粧品を選ぶということです。

また、妊婦や・授乳中の方の使用に関しては安全性が確認されていないので、現状では使用しないほうが良いと思っておいたほうがよさそうです。

放物曲面状の鏡を利用

Copyright © シミ取り化粧品選びを成功させるいくつかの理由 All rights reserved