新島のサーフィンの評判は?

スポンサード リンク

新島は世界大会が行われ、トップクラスのプロが訪れるほどの日本が世界に誇るサーフィンスポットです。 かなり昔は、ナンパスポットとして有名でしたが、今はツアーなどで訪れる家族の海水浴客や、サーファー が多く、雰囲気はずいぶん違ってきています。ビーチ近くの駐車場やシャワーが無料の場合がほとんどで 海水浴客やサーファーにとても歓迎のムードにあふれています。宿泊施設のプランにも現れていて、サーファー 向きのツアーや宿泊プランが多くの民宿やホテルで組まれています。なんども訪れるうちに新島の魅力に とりつかれ、移住する人も少なくないとか。

新島のサーフィンポイントは?

WIKIなどによると新島で代表的な波乗りポイントは、

羽伏浦海岸
島の東側にある海岸で、白く7kmにも及ぶビーチ。サーフィンの 世界チャンピオンを決める組織による大会にも使われる。力強い波で、チューブを 巻くことも多いポイント

淡井浦海岸
島の北東にある海岸。村内から離れたところにあるので、海水浴客

はまずいない。ローカルサーファーもいるのでマナーに気をつけましょう。

和田浜
島の西側キャンプ場の近くにあるポイント、少し不便というか、駐車場がないため 空いている。

新島サーフィンツアー

サーフィンの体験スクールをどうせなら有名な新島をやってみたいという人は多いようです。10代の女性に人気の ファッション誌「fine」でも毎年女性限定のサーフィンスクールを新島で開催しています。毎回プロサーファーの 講師の方に受講者のレベルに合わせてクラス分けされ、初心者からでも受講可能。料金は3泊4日(船中一泊)で 3万5千円。通常の旅行会社などが出している、新島旅行パックなどと比べてもあまり変わらない金額なので お得ですね。

スポンサードリンク

新島の宿泊施設は?

新島の宿泊施設は何といっても民宿がメインです。新島観光協会によると
民宿 42軒
旅館・ホテル 6軒
ペンション 3軒
温泉ロッジ 1軒
サーフロッジ 1軒
と民宿の多さがとても際立っています。 民宿の宿泊標準料金が、GW、夏休み、年末年始などのピーク時でも一泊二食付きで大人一人8〜9000円と リーズナブル。ピーク以外の時期7〜8000円とさらにお得です。また、民宿によって一週間のパック料金 が設定されてさらに安くなる場合もあります。