面接 お礼状の書き方見本やサンプル文


お礼状は直接的に採用の条件に関わる要素ではありませんが、丁寧な印象を採用担当者に与える効果も少なからず有ります。履歴書や職務経歴書と同じく、御礼と共に自己PRをさらりとこなせられればいいですね。

スポンサード リンク

面接のお礼状の書き方

面接後の採用担当者にとって、応募者が多ければ一人当たりの印象が薄くなってしまうのも仕方のないことです。採用選考の場を設けていただいた御礼と合わせて、自己PRをそれとなく行うのも効果的です。あまりしつこくならないように注意しましょう。

面接お礼状の書き方 <何を書くか>

お礼状で直接的に採用の可否が問われることはまず少ないですが、応募者が多い場合、面接官の方もすべての応募者について覚えていない事もあるかもしれません。常識的に見ても御礼を述べることは大切なことですし、自分を印象付ける為にも面接後にお礼状を出しても良いでしょう。注意点としては、ここでクドクドと自己PR文を繰り返したり、過度に売り込むような文章にしては逆効果になってしまいますので、忙しいなか面接の時間をとっていただいたことに対してお礼を述べて、さらりと熱意やアピールポイントを織り込むようにしましょう。


面接お礼状の書き方 <書き方・封筒?はがき?メール?>

封筒で出す方が、丁寧な印象を与えられるということも有りますが、はがきや、メールで出してもかまわないようです。宛名の書き方は必ず応募した企業の正式名称を略さずに記入し、面接担当者宛てで送りましょう。縦書きでも横書きでも、どちらでも大丈夫です。 和風な商品を扱う企業なら、和便箋で縦書きの方が印象も違ってくるでしょう。


面接お礼状の書き方 <出す時期>

郵送の場合、ベストなタイミングは面接後すぐに作成して投函するのがいいでしょう。翌日、翌々日ぐらいになっても大丈夫ですが、その際は「遅くなりましたが〜」の一筆を入れておきます。メールの場合は、翌日、翌々日あたりに送信しておくと、面接の印象が薄まった頃に再び思い出されて効果的でしょう。


面接お礼状 <サンプル・文例>


以下に、見本となるサンプル文を紹介しますのでぜひ活用してください。

○○株式会社
人事部○○様
拝啓
 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
さて、先日はお忙しい中、面接のお時間をとってくださり誠に有難うございました

 面接では○○様より業界の今後の展望や、貴社の取り組まれている事業内容について
詳しくお話を頂戴し、個人的なアドバイスなども賜り誠に感謝しております。

貴社の新規事業につきましては、前職で身に付けた経験や人脈と重なる部分も多いかと存じます。貴社のますますの発展の為に貢献させていただきたい所存でございますので、、何卒よろしくお願い申し上げます。

 まずは、略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。
                                敬具
平成21年○月○日
御礼城太郎