松茸の冷凍保存

松茸のミニコラム♪ 松茸の冷凍保存が出来るかどうか調べてみました。

松茸の季節と保存・料理方法

松茸の収穫出来る季節は、産地にもよりますが10月初旬から11月ぐらいまでが一般的です。 なので、冷凍保存しても出来れば年内くらいまでで料理してしまう方がいいようです。 その際、解凍はせずにそのままマツタケご飯や、お吸い物、土瓶蒸しにする方が香りを損なわなくて おすすめです。

スポンサード リンク

松茸の保存法は?

松茸は香りの食べ物です。なので採りたてをすぐに食べてしまうのが一番のおすすめです。 炭火で炙ってすだちを絞って少ししょうゆを付けて食べてしまうのがおいしいですね。 でも、 松茸狩りでたくさん取れたとか、頂き物が重なって料理してもあまったなど、 うらやましい状況のもいらっしゃるようで、 yahooの検索ワードを見ていると時たま松茸の保存方法を探しているようなキーワードを 見かけます。
そこで松茸の保存方法について調べてみましたので皆様のマツタケライフの一助にしていただければ 幸いです。

松茸の冷凍保存方法

松茸は冷凍庫で保存可能です。
<冷凍保存の方法>
松茸をスライスしておき、ラップで2,3重しっかりとくるんで冷凍庫に入れてください。
香りや風味を損なわないように、あまり長期間の冷凍保存はおすすめではありません。
松茸の収穫期は10月くらいなので、2ヶ月くらいたった、お正月ぐらいで保存したものも 食べてしまうのがタイミング的にいいようですね。
解凍は電子レンジなど使うと香りが逃げてしまうので、お吸い物か、土瓶蒸しのおだしの中に 凍ったままいれて香りがおだしに出るようにしてください。

松茸の冷蔵保存

冷蔵庫でも上記と同じようにラップを厳重に巻いて一週間ほど冷蔵保存可能です。真空状態に出来る 容器などがあればよい良いです。でもやはり 2〜3日で食べてしまう方が風味が損なわれないのでおすすめです。短い期間でもキノコ類は 冷凍するとうまみが増すといわれているのでやはり冷凍する方がいいかもしれませんね。

松茸産地直送ギフトの保存上の注意点は?

松茸の朝採りの松茸を贈答用として指定した住所まで送ってもらえる産地直売サービスというのがネットショップ 等でも目立つようになりましたね。せっかくの贈答品ですのでおいしく食べてもらいたいものです。 そこで、産地直送時の注意点を紹介します。まず、松茸は生鮮食料品です。クール便を使ってもらえる 販売店を利用しましょう。その際のもうひとつの注意点ですが、送り先の方の都合をあらかじめ聞いておいた方が 留守などで時間がたってしまい、鮮度が落ちてしまうのを防げていいでしょう。せっかくの上等なギフトも 鮮度が落ちたら台無しになってしまいますので。

輸入物の松茸の保存は?

中国産や北米産の輸入物の松茸は一般的に国産マツタケに比べて味、香りともに落ちるといわれて います。しかし、現地で採れたての松茸はおいしいとも言われているので日本に入るまでの保存状態が 悪いのかもしれないですね。