読書感想文の書き方例

読書感想文の書き方は難しいですね。 色々とこのページの例も参考にして ぜひ自分の力で書き上げましょう。 何でも悩んでいるより、書き出したらすぐ簡単に終わるものですよ♪

読書感想文のパクリ・コピペサイトについて

読書感想文の著作権フリーのサンプルが掲載されていて、自由にコピーしてくださいというサイトがあります。 読書感想文の書き方は難しいので、ついつい、コピペしてパクリ、宿題を提出してしまおうかと考えてしまうのも 分からないでも有りません。でも、ちょっと気の利いた先生なら、そんな読書感想文パクリサイトがあること ぐらいチェック済みでしょう。中学生・高校生なら、内申点にも影響しかねないし、 小学生・中学生・高校生に共通していえることですが、自分で物を考える能力を磨くチャンスだと思えば、 パクリ・コピペサイトを使うのは考え物です。参考にする程度にしておきましょう。

スポンサード リンク

読書感想文の書き方例

文部科学省が教師向けに指導している、教育指導要領というものがあります。 先生に受けの良い、読書感想文の書き方を考えるなら参考にして考えてみても良いでしょう。

<文部科学省 指導要領 国語から抜粋> 書くことの能力を育てるため,次の事項について指導する。 ア 相手や目的に応じて,適切に書くこと。 イ 書く必要のある事柄を収集したり選択したりすること。 ウ 自分の考えが明確になるように,段落相互の関係を考えること。 エ 書こうとする事の中心を明確にしながら,段落と段落との続き方に注意して書くこと。 オ 文章のよいところを見付けたり,間違いなどを正したりすること。

アの項目を解釈すると相手に応じて書くということは、読書感想文を書く場合には、登場人物の立場になって 考える。例えばAという主人公の立場と考え方、Bという主人公の友人の立場や考えていることを想像したり、 客観的にA・Bがおかれている立場を検証したり、読者本人に置き換えた場合、自分ならどう思うか(立派だとか、 自分ならこうするとか)を読書感想文としてまとめれば書くことは原稿用紙が足りなくなるくらいに なってくるはずです。要は自分の思ったことをかけばいいわけなので、小学生・中学生・高校生に共通して 上記のことを考えてまとめればそれぞれのレベルに見合った読書感想文になると思います。