田中義剛さんの花畑牧場

初めはジャージー牛一頭からスタートした田中義剛さんの花畑牧場。 今では生キャラメルや、ホエー豚丼などお中元、お歳暮の通販でも大人気の 北海道を代表する名物牧場へと成長しました。

花畑牧場のツアーは?

花畑牧場へのバスツアーが北海道で人気を集めているそうですね。 家族で動物とのふれあいが出来ることが人気の秘密です。

スポンサード リンク

田中義剛の花畑牧場とは

花畑牧場とはタレントの田中義剛(たなかよしたけ)さんが経営する手造りの乳製品を生産する牧場です。 住所は北海道・十勝・中札内村。田中義剛さんが10代のころ北海度の旅行を経て、自身の牧場を持ちたいと 志し、牧場設立の資金のためタレント活動をしていたことは有名です。

花畑牧場の敷地面積は東京ドーム5個分の広さで、初めは乳牛が一頭だけで自家製のチーズを製造するところから のスタートでした。それが現在では、生キャラメル(ミルクキャラメル、塩キャラメル)を筆頭にカチョカヴァロチーズ、バルーンプリン、ソフトクリーム チーズケーキ、いももち、ホエー豚丼など多彩な食品を製造するまでに成長し、花畑牧場内ファーマーズハウスでの直売のほか楽天の通販サイトやお取り寄せサイトでの 通信販売や大丸など百貨店の物産展、千歳空港の販売店などで販売されています。特に千歳空港のお土産ランキングでは長年北海道名物として君臨していた 「白い恋人」を押さえ、花畑牧場の生キャラメルがトップに躍り出るなど華々しい成長を見せています。

花畑牧場 ツアー

花畑牧場内ファームランドでは、動物とのふれあいや、バター作り体験など家族で楽しめるイベントが盛りだくさんです。各旅行会社などでも 夏休みの小学生の社会科の自由研究にも人気でツアーが組まれているほどです。イベントで田中義剛さん本人が出演されることもあるそう。 入場料:500円
アクセス:JR帯広駅から車で約50分、又は十勝バス更別経由大樹・広尾行き 約47分、バス停:中札内美術村前下車 徒歩で約40分
問い合わせ先:
■ 株式会社花畑牧場・東京事務所 【株式会社花畑牧場・東京事務所】
〒106-0044
東京都港区東麻布1-28-12 麻布高栄ビル
TEL:03-6230-1552 FAX:03-6230-1511

花畑牧場 店舗

花畑牧場内ファーマーズハウスでは生キャラメル、チーズ、ソフトクリームも購入でき、2008年8月1日にオープンしたホエー豚亭では、 ホエー(チーズを作るときに出る残り汁のようなもので、本来は産業廃棄物として処分されていたもの)を与えて育てられた豚を使用した ホエー豚丼も堪能できます。
ホエーを与えられた豚肉は脂身に独特の甘みが出て早くも話題を呼んでいます。一日500食限定。値段は1450円ながら完売続出と好評です。

花畑牧場 住所

北海道河西郡中札内村元札内東4線
0155-63-6110