花畑牧場とホエー豚丼情報

ホエー豚丼は 花畑牧場のHPで購入できるようになりました。 けど人気でいつ見ても売切れみたいです・・

北海道の花畑牧場でホエー豚丼は販売されています。 動物とのふれあい体験も出来るので家族での北海道旅行にもおすすめです。

花畑牧場のホエー豚丼の通販は?

花畑牧場のホエー豚丼、新しいブランド食を 通販でお中元やお歳暮に出来たらいいですね。 楽天で通販できるか調べてみました。


△ホエー豚のしゃぶしゃぶセット販売中

ホエー豚丼の「ホエー」とは

ホエーとは、牛乳からチーズを作るときに出る残り汁のことで、従来は産業廃棄物として処分されていた。 チーズ生産者にとっては一日に数百リットルものホエーの処分に困り、何とか再利用できないものか 研究が進められていたそうです。イメージとしては豆腐屋さんのおからが産業廃棄物として捨てられていた のと同じでしょうか。おからがバイオエタノールとして再利用の方向性が見つかったように、ホエーもまた 豚の飼料としての活路が見出されたようです。

ホエー豚とは

ホエー豚とは、前述のホエーを飲ませて育てた豚です。そのメリットは豚肉の脂身の独特の臭みが和らぎ まろやかになり、ホエー豚と非ホエー豚を食べ比べてみると明らかに甘みが増すそうです。 十勝ホエー豚研究会という団体では、豚に与えるホエーの量でランクわけされています。 十勝の新しいブランド豚の誕生というわけですね。

花畑牧場のホエー豚丼

北海道の花畑牧場は田中義剛さんが経営することや、生キャラメルのスマッシュヒットでも有名ですね。 花畑牧場が十勝ホエー豚研究会に所属しているかどうかは知らないんですが、08年8月1日から花畑牧場内で ホエー豚丼が販売されています。花畑牧場の牧場主の田中義剛さんのホエー豚の開発秘話をテレビのインタビューで みたことがあります。そのときの話では、田中義剛さんも、自身の花畑牧場でチーズを生産されており ホエーの処分に困っていたそうです。そんななか、どうにか使い道がないものか調べていたところ、海外の 養豚業者の方でホエーを豚の飼料に使うと豚が病気になりにくく、豚肉も美味しくなるという話を聞き、実際に その業者のところまで詳しく聞きに出かけて花畑牧場でのホエー豚生産に着手したそうです。花畑牧場で ホエー豚丼を食べることが出来ます。一食1450円と、豚丼にしては高額。しかしながら、1日500食限定でも 売切れてしまうほどの人気を誇るそうです。実際に食べたことのある人の話を聞くと、1450円でもぜんぜん 安いくらいの美味しさで、特に甘みのある脂身が絶妙だとか。ホエー豚丼、花畑牧場の新たなヒット商品に 成るかもしれないですね。

花畑牧場のホエー豚丼 通販は?

ここまで、調べてみて実際にホエー豚丼食べてみたくなりました。それほど美味しいのか。早速、楽天の花畑牧場の 直販サイトを調べてみましたが、通販されていませんでした。もしかしたら千歳空港の売店か、百貨店の北海道展などで 販売されているのかもしれませんが、今のところ通販に回せるだけの量を確保できていないのかもしれないですね。 今は花畑牧場ショップで発売されています!