グアムサーフィンスポット

日本からでも気軽に行けるリゾートとして有名なグアム。サーフィン日本人にとって メジャーなサーフスポットではないものの、ハイレベルな波乗りを楽しめる穴場的スポット として楽しまれています。ただ、ローカリズムが強く、観光地マップに載っている タロフォフォなどのポイントなら観光客でもサーフィンを楽しめるが、それほどいい波が年中たっていない。 そのほかのたいていのスポットは ローカルの知り合いや、よほど有力なガイドでもついていない限り難しい。 日本人を見かけると平気でドロップイン、後乗りを仕掛けてきたりといった具合です。

また、ほとんどがアウターリーフでしかも、岩も多くビーチもほとんどない。グアム政府観光局のHPにもサーフィンの 項目はありません。しかしローカルに知り合いがいて、 かなりの上級者なら、世界中の海を知っていても満足できるパーフェクトな波が 立ち、しかも込んでいないスポットが実はあります。ローカルがシークレットスポットを 教えたがらないのはどこの国でも同じで、口コミでひそかに知れています。 ボートでしかいけないシークレットスポットが存在し、現地のガイド等吟味されることを おすすめします。

グアムサーフィンレンタル

グアムでのサーフィン用品のレンタルは高額のことが多く、傷をつけるとやはり高い値段を請求され トラブルの原因となっています。可能なら自前のサーフボードを持ち込むか、地元の サーフショップで購入することをおすすめします。ロングボードを積める車も合わせてレンタル しておかないと貸してくれないショップもあります。

グアムのサーフィンスクールは?

以上のような事情から、まったくの初心者にはおすすめできません。地元の サーフショップで小規模なサーフィンスクールが開催されていないことは ないですが、初心者でも安全なスポットはよほどの好条件に恵まれない限り 波が静かで、純粋にサーフィンの入門としての技術の向上には向いていないかも しれませんが、いい思い出にはなるかもしれないですね。シュノーケリングや スキンダイビングといった体験ツアーのほうが危険は少ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

グアムのサーフィンの情報について調べてみました

世界有数のリゾート、グアム。日本人観光客も多く、比較的気軽に行けるバケーションスポットとして 人気です。ついでにサーフィンなんかもスクールで行けたらいいなと考える人も 多いみたいですね。そこで、グアムでの波乗りスポットやスクール、レンタル情報を 調べてみました。