のどぐろ料理のお取り寄せは?

販売サイト<楽天市場>

のどぐろのお取り寄せはインターネットの各通販店や直売もされています。 刺身にして食べるなら鮮度のよさそうなところ、干物なら小ぶりなものが価格的にも 格安です。

幻の魚のどぐろ

のどぐろは幻の魚の異名を持つ高級魚。 最近、グルメ番組などにも取り上げられ、 父の日の贈答用などにも人気を博し、価格も 上昇しているとか。

販売サイト<楽天市場>

のどぐろの産地と料理

のどぐろの食事のレシピは 塩焼き、一夜干物でよし、煮つけ、味噌漬けに料理してもよし、釣れたての旬の刺身や寿司、棒寿司がなんといってこってりしていておいしい。 のどぐろが有名なのは金沢、新潟、島根、富山、山陰浜田、直江津などでも獲れる。のどぐろの別名は赤むつとも言われ、魚図鑑などに よっては赤むつの別名で載っていることもある。 ノドグロは最近テレビなどでも紹介されることが多く通販などでの価格は30センチほどのもので2500円ぐらいする高級魚です。 父の日の贈答用にのどぐろの干物を販売しているお取り寄せ通販ショップも目立つようです。

のどぐろの干物

のどぐろの干物がお取り寄せするなら一番手に入りやすいかもしれない。重さ150g程もあるようなおおきさの一夜干しは 一尾1500〜2000円程もするが、100g以下の小ぶりなノドグロの一夜干しならもう少し、手ごろな価格で手に入る。 家で焼く場合は、可能なら炭火で炙ってみて欲しい、脂が豊富な魚なので煙がすごいことになるかもしれないので 注意が必要ですが、その煙で燻されたノドグロの風味は一段と美味しいです。日本酒との相性もぴったりの干物です。

のどぐろの煮付け

上の項目でも触れた金沢、新潟、島根などに旅行にもし行くことがあれば是非漁港の近くでのどぐろを食べられるお店を 見つけて挑戦してみて下さい。漁師風の魚のうまみを引き立てた絶妙の煮付けが食べられるはずです。のどぐろ人気の 上昇の影響で、売り切れになることもあるというのでよく下調べして言ったほうが無難です。

のどぐろの旬

のどぐろの旬は冬から春先にかけて獲れ始め、脂が乗って一番美味しいとされるのは8月の上旬。旬に取れたものは 干物にしても炭火で炙ると脂があふれ出て、おいしい。お取り寄せするならこの頃を見計らって購入してみるのも いいかもしれない。