眉毛の刺青を入れるなら

昔ながらの刺青を眉毛に入れるなら「アートメイク」がお勧めです。 眉毛の形やライン、整え方といったものは時代の流行に剃って変化するもの。 脱毛や剃毛などの手入れで生えてこなくなったら考えてみるのもいいかもしれません。 値段や体験談などブログで公開していることもあるのでそちらも探してみてください。

スポンサード リンク

眉毛の刺青の新しい形

眉毛の刺青で形やラインを整えるために最近人気の技術に、「アートメイク」というものが有ります。眉の形を整えるために剃ったり、脱毛したり、手入れをしていると次第に生えてこなくなり育毛方法を探しているということは良く聞く話です。アートメイクをしてくれるカットサロンやエステサロン、ブログで口コミ体験談を公開している方も見かけます。
アートメイクとは皮膚の浅い層に色素を乗せていく刺青のような技術で、厳密に言うと 眉毛の刺青ではありません。

眉毛の刺青と違う点は

アートメイクが従来の眉毛の刺青と違う点、メリットとして数年で色が落ちるということが挙げられます。(色素が抜ける期間に個人差はあるようです。) タトゥと違って色が抜けるということは、数年おきに流行の眉の形に整えることが可能で 一度入れてしまうと消すのが大変で費用もかかる従来の刺青と比較してアートメイクという選択肢を選ぶケースが増えています。

眉毛の簡易刺青「アートメイク」とテンプレート

時間とともに薄くなる刺青とはいえ、一度書いてもらうとしばらくはその形の眉毛と付き合うことになるので、施術前にサロンなどの担当者と十分打ち合わせをして書いてもらいたいものです。自前で気に入った眉毛用のテンプレートなどがあれば、持参して話し合うのもスムーズに行っていいかもしれません。また、眉毛の形は人それぞれの顔に合わせた黄金比というものが有ります。眉尻と目じり、小鼻を結んだラインがそろっている方が 良いといった具合に。テンプレートが顔の各パーツとの比率に合っていない場合もあるのでそういった黄金比も目安にして決められると一番良いかもしれません。

眉毛の刺青の消し方

刺青の消し方、特に眉毛のアートメイクの消し方についても紹介します。
流行の変化などでどうしても眉毛のアートメイクを変えたくなる場合も有るとおもいます。 刺青の場合は青や茶色・黒といった色素ならレーザーで消しやすいといわれています。赤やオレンジ系統になると消しにくく完全にタトゥーを除去するのに何度もレーザーを当てたり、雑な刺青の仕方だと消せない場合も多いようです。
それに比べてアートメイクの場合は色素を定着させる深さが浅いので一度のレーザーできれいに消すことが出来るそうです。こういった事例や料金、お勧めのサロン等についてはブログや口コミ掲示板で調べて信頼のおけるサロンで安心して行いたいですね。