履歴書の職歴文サンプルや書き方を紹介


履歴書の職歴の欄も採用担当者にとっては重要です。エクセルでの雛形やフォーマットといったものがインターネット上でダウンロード出来るので活用し、このページに記載しているのサンプル文も参考にしていただければ幸いです。

履歴書の前職に記載するものは?

履歴書の職歴の項目は他の応募者と差を付けられる数少ない項目です。 自己アピールをするために、書き方には工夫をして就職活動・バイト探しが 有利に働くように考えて記入しましょう。 まず何が問われるかというと、応募者の前職をみて、会社にとって即戦力になるか? あるいは、既存のスタッフと比べて何か違うものがあり、会社にとってプラスに働く人材であるかが 問われることになると思います。簡潔に分かりやすく今までの成果を 記入することが基本ですが、面接官に特に伝えたい詳細なアピールポイントがある場合は 指定がなくても職務経歴書を別に用意してもいいでしょう。 このページにある見本的な職歴の記入サンプルも是非参考にしてみてください。

営業・企画職の自己PR文

営業や企画職の応募に際しての面接や自己PR文の書き方は、まず企業が何を求めているのかを考え、そして求められているものと自分との接点を示していく方法が模範的でしょう。 面接を希望する企業の企画会議に参加しているつもりで書いていけばよりインパクトがあり意欲的な姿勢を示せるでしょう。

履歴書 職歴の書き方

履歴書の職歴の欄には入社の日付を正確に記入します。入社した会社については梶E汲ネどから正式名称を記入しましょう。 配属された部署や職種も記入。退職の日付の項目に、退職した理由を簡潔に書きます。「一身上の都合で退職」などとするのも良いですが 、採用担当者は前職を退職した理由も気になるところなので、前向きな理由で退職をしたことを書けるほうがいいでしょう。言い回し一つでやる気をアピールすることも可能です。 実績については、ちょっとしたことでも記入する方が履歴書の印象が変わってきます。書ききれない場合は職務経歴書を用意するのも一つの手です。職歴の欄で避けたいのは前職の勤め先に対する不満と取られるような退職理由を書くことです。



履歴書の職歴にアルバイトは?

キャリアが浅い方の場合、応募している企業の仕事内容に近い、あるいは重ね合わせることができるならアルバイトの経歴も記載してもいいでしょう。事務系の募集に、事務のアルバイト経験があるなら記入していきましょう。飲食店のホールなどのアルバイト経験などでも、例えば仕事に関する効率アップにつながる提案をして採用されたなど、言い回しによって記載できないこともないでしょう。


履歴書に記入できる職歴がなしの場合

正社員や派遣業務の経験がない場合でもアルバイトの経験があれば正直に記入した方がいいです。アルバイトの経験もない場合は「なし」と記入。志望動機や自己PRの項目のスペースが多い履歴書を買ったり、自作してでも他の項目で、やる気や熱意を示すほかありません。



履歴書 職歴のサンプル

履歴書の職歴の一例文として紹介しますので参考にしていただければ幸いです。



職 歴

平成16年 4月 ○○インテリア株式会社にアルバイトの事務職として採用される
        お客様からの問い合わせの電話対応や、書類整理の業務に従じる。
平成17年 1月 ○○インテリア株式会社 正社員として正式に入社
           半年間のショールームでの研修を経て、希望により営業職に配属。
         在職中に顧客ニーズに応えるためオーダーカーテンの販売を提案し採用    され前年比200%の個人売り上げを達成。
平成20年 4月 エンドユーザー様のニーズにより応え、満足度を高めるためには製販一体となったメーカーで企画の段階から関わりたいと思い同社を退職。現在に至る。
                                        以上