アルブチン化粧品の美白効果は?

アルブチンより100倍効果的といわれるハイドロキノン

アルブチンの美白効果はもはや時代遅れと言っても過言では有りません。


アルブチンは厚生労働省も認める美白効果のある成分のひとつですが、新しい美白成分「ハイドロキノン」が規制緩和され主役の座は移り変わりました。


ハイドロキノンは別名「お肌の漂白剤」とも言われ、正しく配合された化粧品なら安全性も高く、濃くなったシミを薄くする効果も高いものとなっています。


アルブチンよりもシミに良い効果のハイドロキノンの口コミをチェック頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen 20~50代のハイドロキノン化粧品の体験談

アルブチンよりも効果的なハイドロキノン化粧品は肌に浸透しなかった。でも・・・

肌にしみこまないハイドロキノンを肌の奥にまで浸透させることに成功!

ハイドロキノンはアルブチンよりもシミに有効な成分ですが、従来の技術では肌に浸透しませんでした。

しかし、アメリカの美容技術で特許を持つビーグレンがハイドロキノンのナノ化に成功。

特許がある為、他社がまねしたくてもまね出来ない効果を発揮します。

ハリウッド女優が愛するシミ対策の3ステップとは?
  [b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

アルブチンよりも頑固なシミに効果的!

ビーグレンのシミ対策セットは、すでに発生しているメラニン色素を薄くする効果以外にも、


新たなシミの発生を抑える

シミを排出する

・副作用がほとんど出ない濃度で浸透させるので、安全で美白効果も高い。(他社にはシミ消し効果を優先するあまり、高濃度のハイドロキノンを配合するものもありますが、かぶれや白斑になったりしやすいものがあります。)


というステップでシミ撃退にアプローチ。あきらめていたシミ・黒ずみを消してみたいという人に一度試してみてほしいコスメです。


WEB限定トライアルセット 頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

アルブチンは厚生労働省も認める美白効果のある化粧品に用いられる成分のひとつです。

その働きは紫外線を肌に浴びることによって生まれる酵素チロシナーゼの働きを抑えてメラミン色素の生成を阻害します。

アルブチンが開発される前の日本では、「ハイドロキノンベンジルエーテル」という成分が美白成分として使用されていましたが、肌がかぶれたり、まだらに白くなったりとトラブルが相次いだため使用が禁止されました。このとき「ハイドロキノン」という比較的安全な成分もともに禁止されるという経緯が有ります。

その後、資生堂により開発され特許が認められた美白成分がアルブチンとなり、資生堂の美白化粧品にのみ配合されてきました。しかし、2003年に特許が切れ多くの化粧品会社に配合されるようになったのが、日本でアルブチンが美白成分の主流となった理由です。

実は、「ハイドロキノン」は「アルブチン」よりも100倍の美白効果があるとの研究結果がでていて現在では規制緩和で化粧品に配合されています。

●シミ抜き効果で選ぶならハイドロキノン。でも問題点が2つ有ります。 シミ対策を考えるときにハイドロキノには問題点が2つあります。 1つ目は、成分の濃度が高いと肌に刺激が強いということです。 2つ目は、ハイドロキノンは肌に浸透しにくい物質であると言うこと。


一般的には、ハイドロキノンが5%以上配合されている高濃度の化粧品が紫外線で変質することによる色素沈着・白抜き(部分的に白く色が抜ける・白斑)・かぶれなどの副作用が起こりやすいと言われております。(アメリカでは、ハイドロキノン2%以上は、医師の処方が必要です。) そして肌に浸透しにくいということは、濃度を上げないとシミへの効果が期待できないと言うことになりますが、副作用のリスクも高まります。ではどうすればいいのか?


答えは単純です。安全な濃度のハイドロキノンが肌に浸透する化粧品を選べばいいのです!

成分を浸透させる技術に優れた化粧品会社のハイドロキノン化粧品を選べば安全な濃度でも高いシミ消し効果を期待することが出来ます。 今このページを読んでいる方は、美白効果を期待してアルブチンのことを調べている人だと思いますが、化粧品選びの候補リストにハイドロキノンも入れてみてはいかがでしょうか?

Copyright © 2015  アルブチンの効果は時代遅れ?· All Rights Reserved·